【機密厳守必須】ISO22000ら知っておいて損はない情報満載

情報を処分する時のコツ

お金

企業では重要なデータを取り扱っているのでその管理はとても大切なものになってきます。企業内では何気なく扱われている文書であっても個人情報や会社の機密などが含まれている場合もあるので、不用意に持ち出すことは控えるようにした方が良いです。機密文書を保管しておくことはどこの企業でも行なっていますが、大事なのは処理する際の取り扱い方です。機密文書は単純に焼却すれば良いという問題でもなく、焼却予定の場所に保管しておくセキュリティがうまくいっていなければ書類が外に持ちだされてしまうこともありえます。自社で対応することがとても難しいといった場合は安全に処理してくれるような業者を把握すべきです。専門業者のサイトを確認することで安全な処理を実現し、会社にとって良い環境を作り出していきましょう。

機密文書を処理してくれる業者を選ぶポイントを知っていればより安全性が高まるといえます。格安の処理費用を提案してくれている業者もいますが、この取り組みで一番大事にしたいのは情報漏洩の対策です。費用が安く済むからといってセキュリティがしっかり整えられていない場所を選んでしまえば機密文書処理を業者に頼む意味がありません。業者を選ぶポイントとして確認したいのが、自社工場で処理してくれるかどうかです。海外に書類を運んで処分する業者もあるのですが、移動の距離が多いとどこで情報が漏れてくるか把握できません。セキュリティ面を考えている場所は自社で処理を行なっている場所が多い傾向があります。